借用書作成イメージ画像

内容証明の効果的使用法

説明内容証明とは、「誰が、いつ、誰に対して、どんな内容の手紙を出したか」ということを、郵便局が「公的」に証明してくれるものです。ポイントは、郵便局が公的に証明してくれるということです。

例えば、あなたが借主である相手に貸したお金を返してほしいといった内容の手紙を書いて送ったとしましょう。

普通の郵便の場合、手紙が破棄されてしまえば、手紙の内容を公に証明することはできません。

ですが、内容証明郵便の場合は、たとえ借主が届いた内容証明郵便を破棄したとしても、郵便局がその郵便の内容を公的に証明してくれるのです。

もっとも、内容証明郵便は、手紙が相手方に到達したことまでを証明してくれるものではありませんので、内容証明郵便を出す際は配達証明も利用したほうがよいでしょう。

内容証明郵便には、以下のような効果が期待できます。

① 証拠力を得る効果

時効の中断など、法的な効果が発生する重要な意思表示や通知を証拠として残したい場合は、内容証明郵便を利用して証拠力を得るようにしましょう。

② 相手に心理的圧力を与える効果

内容証明郵便には、公正証書のような法的な強制力はありません。ですが、例えばあなたに対して突然、内容証明郵便が送られてきたらどうですか?送ってきた相手の強い決意や意図を察して、心理的な圧力やプレッシャーを感じることでしょう。内容証明郵便には事実上このような効果が期待できます。こうした効果によって、相手の積極的な行動を促すことも可能なのです。

 

では次に、内容証明はどのように作成するのが効果的なのでしょうか。

内容証明の書き方は、書店などでも書籍が数多く見受けられます。ですが、書籍に書かれている内容証明のサンプルはあくまでも一般的な記入例を書いたものであることに注意が必要です。

そもそも、あなたが内容証明郵便を使ってやりたいことは何ですか?もちろん、貸したお金を回収することですよね。

貸したお金を確実に回収するためには、あなたや借主が置かれている状況を分析して、戦略的に行動していくことが大切です。内容証明郵便は、その手段の1つにすぎません。どのタイミングで、どういった内容の内容証明郵便を出すのか、あるいは出さないほうがよいのかといったことは書籍には載っていません。

また、正当な権利行使であっても、社会通念上、認容されるべきものと一般に認められる程度を逸脱する方法で権利を行使した場合には、それはもはや権利の正当な行使ではなく、「権利の濫用」となり、全体として恐喝罪と認定される可能性もあるのです。

結論として、内容証明郵便の効果的な使用法というのは人それぞれ違うもので、これといって決まった解答は無いのです。

 

やる気アイサポート総合法務事務所は、あなたの置かれた状況を踏まえて、貸したお金をどのように回収していくかといった大局的な見地から戦略を練り、あなただけに合わせた戦略的かつ効果的な内容証明の作成をしております。

是非一度ご相談下さい。

 

 

▼まずは、こちらからお問い合わせください。


借用書作成のご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
借用書作成のお申し込み
面談のご予約

このページの先頭へ